クリニック理念・基本方針

地域の皆様の眼のために
信頼の医療を提供いたします

これまで大阪大学医学部付属病院、公立学校共済組合近畿中央病院眼科などで15年にわたり、
多数の白内障手術、緑内障手術を執刀してまいりました。
また当院を開業して以降も年間白内障手術数百例、緑内障手術数十例を行っております。
白内障手術については、およそ99%の患者様で安全に眼内レンズを挿入することができております。

院長 森村 浩之

1
緑内障、白内障診療に関して、中核病院レベルの医療を提供できるよう努めます。
2
難治性眼疾患については、これまでの大阪大学医学部眼科、近畿中央病院眼科での経験、 ネットワークを活用して、日本で高水準の医療機関に紹介いたします。
3
笑顔で、優しい医療の提供を目指します。
4
スタッフの教育と人材育成に努め、スタッフ一丸となり、最新の医療の提供を目指します。
5
個人情報を適切に保護し、患者様に不利益が生じないよう努めます。
白内障の症状

当院の診療

緑内障診療

緑内障の診断から点眼、薬物治療、レーザー治療、手術治療まで、これまで大阪大学医学部付属病院、近畿中央病院眼科部長としての経験を生かして、大学病院、中核病院レベルの緑内障診療、手術治療を提供いたします。

詳しくはこちら ≫
白内障手術

大阪大学医学部付属病院、公立学校共済組合近畿中央病院眼科などで15年にわたる経験があり、難治性の白内障から多焦点眼内レンズまで対応し、白内障手術装置、顕微鏡もこれまでの自身の経験から信頼できる機械を導入しております。 大学病院、中核病院レベルの手術治療が行えます。

詳しくはこちら ≫
地域医療連携について

緑内障手術、白内障手術が適応で、入院治療での手術を希望される患者さまについては近畿中央病院、市立伊丹病院の眼科医と相談のうえ、院長が両病院にて執刀させていただける場合があります。スケジュール、疾患の緊急性などによっては、ご希望に沿えないこともございます。

網膜疾患 加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、抗VEGF抗体硝子体注射など。
また、裂孔原性網膜剥離などの手術が必要な患者様には、治療可能な施設をご紹介させていただきます。
眼科一般

ぶどう膜炎・結膜炎・ものもらい(めばちこ/麦粒腫/霰粒腫)・ドライアイ・眼精疲労・眼瞼けいれん・逆まつげ・メガネ・コンタクトなど

外来診療について

当院は予約優先制で外来診療を行っております。 初診の患者様につきましてもお電話で予約を承っております。 予約優先ではありますが、病状の急変や不調時など予約のない患者さまにつきましても順次診療をしてまいります。 診療待ち時間が長くなることもございますが、ご理解、ご容赦のほどよろしくお願いいたします。

当院の診療

診療時間日祝
午前診療
9:00 ~ 12:00
午後診療
16:00 ~ 19:00
手術日木曜日9時から16時
休 診水・土曜午後/日曜・祝日
▲ ページトップへ ▲